注目の記事 PICK UP!

パチンコに勝つための肝となる店選び。

今回はどんなお店を選ぶべきか

 

 

店選びはかなり重要です。

パチンコで勝っていくために必要不可欠なのが、

お店選びといっても過言では無いでしょう。

 

出す気のある店と無い店ではその差は歴然です。

この場合の出すというのは、

釘を空けているかどうかということです!

 

適当にお店選びをすることでは勝てませんので、

お店選びのポイントをお伝えしていきたいと思います!

僕が以前思っていたことも踏まえてお話していきますね

例えばお店に入った時に。。。
・たくさん人がいて
・たくさん出玉が出てる

逆に。。。
・お客が全然いなくて
・誰も積んでいない(これは表現が大げさですね。笑)

 

これに惑わされてはいけません。

 

・たくさん人がいて
・たくさん出玉が出てる

↑これが優良店というわけではありません。

これに関しては、人が絶え間なくぶん回しているとすると

極端な話パチンコはいつかは当たりますので出玉は出てきます。

そのため、

積んでいる=出ている(みんな勝っているようにみえる)

 

僕は以前このようなお店にいっていました。

人が溢れ帰っている店ではいい調整をしなくても

出ているようにみえるためこの店は出ると勘違いしてしまいがちではありますが。

しかし、

ボーダー理論を理解してからは、

「本当にどうしてあんなお店に行っていたんだろう」と思っています

 

実際はみんなが勝っているとは限らないですし、

第一台が選びにくいのでオススメはしません。

グランドオープン等はおいしい状況ですのでこのお話には該当しないですけどね!笑

・お客が全然いなくて
・誰も積んでいない(これは表現が大げさですね。笑)

↑これは極端なお話なので説明しづらいですが、

こんなお店でもいい台は置いてある可能性も考えられます。

ようは上記2点のみで店を選ばないようにしましょうというお話です^^

じゃあ、どんな店を選べばいいのか

 

釘がだいたい読めたりがすればいいですが、

初心者さんは、、、

1. お客さんが多いお店

常連客が多い、昼間や平日でも客が多い。

なぜなら多くの人が足を運ぶからには理由があります。

比較的遊べる店であれば負けづらい、または勝てる可能性があります。

出ない、勝てない経験多いお店に行く人は少ないであろうと考えらられるからです。

ただ、人が多いと空き台が少ないため台選びの競争率が上がります。

 

稼働(客付き)は比較的信頼できるバロメーターです。

2. 近くに競合店が多い

パチンコ店は近隣の同業者には、みなさんが思っている以上に

近隣のお店をライバル視しています。周りのお店を調査しています。

時々台の状況をチェックしにくる同業の人を見たことがありませんか?

競争が激しい業界なので、みな地域NO.1を目指しています。

その場合は特に看板、メイン機種が顕著です。

3. プロっぽい人が多い

これが僕の中では1番信頼できる要素だと思います。

パチンコで生計を立てている人が現実にはいます。

そういう人が多い店は優良店である可能性が一気に高まります。

ポイントは、あなたが冷静に見て「あの人いつも出してるなぁ」

と感じる人達が多いか?が重要になってきます。

 

3番目に記載した

パチプロっぽい人がいるお店!

これを目安にしてみてもいいかもしれません。

釘がある程度わかってくるようになると

いかにボッタクリのお店が多いのかわかってくると思います。

実際にいわゆる勝ち組の人達は基本的には

足を使っていろんなお店に出向いたり、勝てるお店を探しています。

 

まず、
初心者の人はいろんなお店に行き散策してみるのがいいですよ。

 
 

パソコン1台で毎月80万以上稼ぎ出すノウハウや
こいつに相談したいなと思った方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
bbbbb

関連記事

  1. パチンコって実はケチが有利なんです。

  2. ノリ打ち・出玉共有について

  3. パチンコはハマってもハマっても打つしかない!!

  4. パチンコって仕事量が大事。

  5. パチンコ兼業時代の収支公開。

  6. 実はパチンコの上級者向き甘デジ稼働。

  7. 危うく養分になるところだったww

  8. パチンコにおけるメンタル面の維持

  9. パチンコ勝ち組と負け組の思考の違い。

人気の記事

bbbbb

最近の記事

  1. 上手くいってない時にこそ大切な視点。
  2. あなたが初心者で新しいアイディアを考えようとしてい…
  3. 凡人でも、成功する為の方法。
  4. 毎月口座に貯金して通帳を見てニヤニヤしている人へ。…
  5. 失敗を恐れて”ビジネス”に…
PAGE TOP